Mari Simmulson

マリ・シムルソン(Mari Simmulson)(1922年~2000年)は20世紀スウェーデンの著名な陶芸デザイナーの一人です。彼女は1940年代~1960年代の間、グスタフスベリとウプサラ・エクビーでトップデザイナーとして働いていました。女性はマリのアートワークのいたるところに存在しています。彼女たちはしばしば、重い目蓋の後ろにアーモンド形の目で表されます。その女性たちは決まって、遊び心のある色とは対照的に、思いやり深く表現されています。マリの世界は明と暗、笑いと厳粛さのすべてを同時に対照しています。

Lisa Larson

リサラーソン(Lisa Larson)(1931~)は、20世紀を代表するスウェーデンの陶芸家で、その作品は多くの世界中のファンを魅了して止みません。リサラーソンの代表作と言っても過言ではないのが1958年に発表された…

ベルント・フリーベリ(Berndt Friberg)(1899-1981年)は、20世紀におけるスウェーデンを代表する陶芸家です。リサラーソン、リンドベリを輩出したグスタフスベリ製陶所に在籍、自身の工房で数多くの作品を手がけました。繊細で美しいフォルムと、独自の研究による釉薬の美しい色合いで知られ、今尚、世界中のコレクターから愛されています。