スティグ・リンドベリ (Stig Lindberg)

スティグ・リンドベリ のParianシリーズは1977年から製作が始まり、グスタフスベリ社での彼の最後のシリーズとなった。正式にはFigurinと名付けられていたこのシリーズではあるが、コレクターの間でもこの正式な名を呼ぶ人はいない。Parianシリーズはその名の通り、パリアン(1/3がカオリン土、1/3がスウェーデン長石、1/3がコーンウォール石)でできており、その作品たちはまるで石膏と大理石の中間のような、白色でマットな美しい表情を見せ、多くの人を魅了している。…

Stig Lindberg

スティグ・リンドベリ(Stig Lindberg)(1916~1982年)は、20世紀におけるスウェーデンを代表する陶芸家です。先駆者的で牧歌的、ルネサンス的な教養人で非凡なデザイナー。スティグ・リンドベリ(Stig…

Lisa Larson

リサラーソンは以前から共に働いていた仲間とともにセラミックスタジオ・グスタフスベリ社を1991年に設立します。このことがリサラーソンのアーティスト魂に火をつけることとなり、今日でさえ新しい作品を生む出すためリサラーソンは精力的に活動しています。セラミックスタジオ・グスタフスベリ社はグスタフスベリの200年に及ぶハンドメイドの手の温もりが感じられる陶器の伝統を今なお進展させています。リサラーソンは現在セラミックスタジオ・グスタフスベリ社の近くに住んでおり、家の中は写真・彫刻・スケッチ・模型・ブラシ・粘土でいっぱいなのはもちろんのこと、まだ途中のプロジェクト、そして新しいアイデアで溢れんばかりとなっています。リサラーソンはゆっくり瞑想することが朝の日課となっていますが、それが終わればフルスピードの全力疾走で毎日作品に向き合っています。「やりたいことが沢山ありすぎるの。おちおち歳を取っている場合じゃないわ!」とリサラーソンは言っています。